館内おすすめコーナー

特別展示コーナー

>> 「おりがみの本」展示コーナー

 

実習に役立つ「おりがみ」の本を多数紹介しています。

「折り紙作品コンテスト」の昨年までの出品作も展示していますので、ぜひ、参考にしてください。




>> 図書館からの推薦図書

 

今回のテーマは「こどもたちへのこすもの」です。

戦争を知らない世代が、戦争を伝える立場になるととまどう人がいるかもしれません。ご紹介する本は、戦争が奪うものの悲しみや怒りを、やさしく語っています。1945年8月15日の終戦記念日から71年がたとうとしています。
この先を生きる子どもたちのために、平和を考えるための、お薦めの本を選んでみました。



>> 阿部志郎先生ご執筆本の紹介

 

本学創立60周年記念講演会で講演してくださいました 神奈川県立保健福祉大学名誉学長の阿部志郎先生のご執筆本を紹介しています。



>> 先生の「ご推薦図書」紹介

 

この度、先生方から学生さんへのお薦めの本を紹介いただきました。

コメントもありますので、1冊でも多く、ご一読ください。




大型絵本展示書架

大型絵本の価値をさらに高めるため、図書館の入り口付近に専用書架を設置しています。幅4.5m、奥行き0.7mの木製の巨大書架で、ほとんどの絵本は書棚にすっぽり収まります。背表紙がずらりと並ぶ光景は圧巻ですが、ぜひ取り出して手にとって見てください。
大型絵本を手にするときの重量感やワクワク感も同時に楽しめます。

 
 

季節に合わせて変わる写真

 

ロッカーの横の壁を見上げると、どこかで見たものが。

額縁には、クラークホールのステンドグラスを撮影したものが飾られています。テーマと季節が合うように1~2ヶ月ごとに架け替えています。


ちょっと時間つぶしにリラックスして読書

図書館に入ってすぐに目につく応接セット。その周辺には、文庫本やコミック、新聞、雑誌、ヒーリング本など、ちょっとした時間つぶしに手に取れるものが周りに置かれています。

講義が休講になったとき、スクールバスまで時間があるときなど、気軽にご利用ください。

   

2016年度選書サポーターによる本の紹介コーナー

 

学生有志による、お奨めしたい本の紹介コーナーです。

一冊ずつの本には、後輩・友だちに向けて思いを込めたポップが付いていて、自分には興味がないと思っていた分野の本が身近に感じられるようになっています。

コーナー前には学生が本を手に覗き込んでいる姿がよくみられます。保育・介護等の専門分野だけでなく、「教養・趣味・娯楽」とジャンルも豊富です。

残念ながら貸出中だった本は、予約ができますので気軽にカウンター職員まで声をかけてください。


年齢で絵本を選びたい、季節にあったテーマから絵本を選びたい

 

貸出カウンターのすぐ前。絵本架の入口のところに置かれた棚。絵本を選ぶときに参考になる、絵本についての本や資料などがまとめられています。


図書館から脱出したい

もしもの火災の場合、右手の奥、ケータイ小説のコーナーに消火器が置いてあります。また、左手奥の地図・百科事典コーナー、および貸返カウンター横にも消火器が備えられています。

ケータイ小説コーナーの奥の扉が、2階へ降りる階段につながっています。正面出口からの出入りが危険な状態になった場合には、こちらの出口から避難誘導します。通常は使用できません。


 

ケータイ小説コーナーです。



和泉短期大学付属図書館

  • 利用案内
  • 蔵書検索 (OPAC)
  • 図書館ツアー
  • 館内おすすめコーナー
  • Library News
  • 図書館カレンダー