入学関連情報

よくある質問
よくある質問
Q 和泉短期大学が求める人物はどのような人ですか?
A 本学では、「アドミッション・ポリシー」を掲げています。アドミッション・ポリシーは、本学の入学者受け入れ方針であり、また教育目標ともいえます。本学での学びを通して、アドミッション・ポリシーにある人物像をめざしたいと考える方、ご賛同くださる方の受験を歓迎いたします。
 
Q クリスチャンでないと入試で不利になったりするのでしょうか?
A 不利になることはありません。ただし本学では、キリスト教を建学の精神とし、教育・行事の全般にわたってこの精神が活かされるように配慮しています。その点に関して、ご理解とご協力をお願いしています。もちろん個々人の宗教や信念は尊重いたします。
 
Q 入学試験について教えてください。
A iAO入試、指定校推薦入試、公募推薦入試、専門高校推薦入試、キリスト者推薦入試、卒業生・在学生家族推薦入試、一般入試、社会人特別選抜の8つの入試方法があります。

入試の種類募集
人員
設定平均値選考方法
iAO入試 110名 基準なし

新たに4つのタイプ別iAO入試がスタート
■一般型 ■授業参加型
■保育・福祉型 ■キリスト教型
※詳しくは、募集要項ページをご覧ください。

指定校推薦 90名 在学する高校にお問い合わせください グループ面接、書類審査(志望動機書、高等学校長推薦書、調査書)の総合評価
公募推薦 15名 3.0以上 作文、個人面接、書類審査(高等学校長推薦書、調査書)の総合評価
専門高校推薦 作文、個人面接、書類審査(高等学校長推薦書、調査書、専門高校学修調書)の総合評価
キリスト者
推薦
5名 3.0以上 個人面接、書類審査(志望動機書、所属教会牧師推薦書、調査書)の総合評価
卒業生・在学生
家族推薦
15名 個人面接、書類審査(志望動機書、高等学校長推薦書、調査書)の総合評価
社会人
特別選抜
5名 基準なし 個人面接、書類審査(履歴書、最終学校の成績証明書、自己推薦書)の総合評価
一般入試 10名 作文、個人面接の総合評価

Q 入試の特徴は何ですか?
A 本学では、すべての入試に面接を導入しています。また、公募推薦、専門高校推薦、一般入試では、作文試験を課しています。これらの試験では、受験生のコミュニケーション能力をはかることを目的としています。本学では、卒業生のほとんどが学びを活かした分野に進みます。福祉・保育などは、まさにコミュニケーション能力が問われる職場といえます。こうしたことを踏まえ、本学の入試では、面接では会話や態度の側面から、また、作文では読み書きという側面から、受験生のコミュニケーションの力をみることにしています。
 
Q 指定校推薦について教えてください。
A 指定校推薦とは、あらかじめ本学が指定した高校から基準に合った生徒を推薦していただく特別な推薦入試制度です。指定校推薦の選考日・基準・選考内容などについては、各高等学校を通して受験生のみなさんにお知らせします。在学する高等学校にお問い合わせください。
 
Q 専門高校推薦とは何ですか?
A 専門高校推薦は、職業(専門)教育を主とする学科で学んだ人を対象とした推薦入試枠です。選考日、基準、選考方法などは公募推薦入試と同じです。
詳しくは、募集要項ページをご覧ください。
 
Q キリスト者推薦について教えてください。
A キリスト者推薦は、教会の牧師または教会の推薦があり、洗礼を受けている方を対象とした入試です。
詳しくは、募集要項ページをご覧ください。
 
Q 社会人の受験について、配慮がありますか?
A 2018年4月1日の時点で24歳以上の人で、高等学校卒業もしくは同等以上の資格を有する人を対象とした特別入学枠として、社会人特別選抜を実施しています。 選考方法は、個人面接、書類審査(履歴書、最終学校の成績証明書、自己推薦書)の総合評価です。
詳しくは、募集要項ページをご覧ください。
 
Q 面接は、どのように行われますか?
A 公募推薦・専門高校推薦・キリスト者推薦・卒業生在学生家族推薦・社会人特別選抜・一般入試については、個人面接を行います。
※指定校推薦については、在学する高等学校にお問い合わせください。
 iAO入試については、募集要項ページをご覧ください。
 
Q 面接(指定校推薦を除く)では、どんなことを聞かれるのでしょうか?
A 面接では、キリスト教信仰に基づく教育方針への理解、向学心、福祉・保育に携わる者としての適性などを中心に質問します。とくに適性については、
(1)人への関心(コミュニケーション能力など)
(2)自主性・主体性(ボランティア・スピリットなど)
(3)社会的な出来事への関心(視野の広さなど)
(4)個性など
以上の観点からお話を伺います。なお、前もって回答を準備したり、暗記してくる必要はありません。その場で思った通りに答えてください。
 
Q 作文試験は、どのように行われますか?
A 作文は公募推薦、専門高校推薦、一般入試に課されています。作文試験は、与えられた1つのテーマについて自分の考えを記述するものです。試験時間は、60分です。テーマは、福祉や保育・幼児教育に関するものとは限りません。オープンキャンパスでは、作文対策講座を開催します。作文対策講座の日程については、本学にお問い合わせください。
 
Q 公募推薦や専門高校推薦では、高校からの出願人数の制限がありますか?
A 高校からの出願人数に制限はありません。
 
Q 受験し不合格だった場合、再度、別の入試を受験することは可能ですか?
A 本学を受験し、残念ながら不合格だった場合でも以降の受験の制限などはありません。また、再受験の合否判定では前の入試成績は問題としません。
iAO入試は2回まで受験することができます。不許可通知のアドバイスをもとに再チャレンジしてください。
 
Q 2017年度の入試結果はどうでしたか?
A 以下一覧のとおりです。
                                    
-  志願者数受験者数合格者数入学手続者数
iAO入試 133名 133名 117名 114名
指定校推薦 84名 84名 84名 84名
公募推薦 3名 3名 3名 3名
専門高校推薦 1名 1名 1名 1名
キリスト者推薦 2名 2名 2名 2名
卒業生・在校生家族推薦 12名 12名 12名 12名
一般入試 7名 7名 6名 4名
社会人特別選抜 2名 2名 2名 2名
合計 244名 244名 227名 222名

Q ピアノが弾けないのですが、入試で実技試験はありますか?
A 入試ではピアノの実技はありません。ピアノを弾くのが初めてでも、卒業までには子どもたちと弾き歌いができるようにグループレッスンの授業があります。ピアノのレッスン室が30室とミュージック・ラボラトリー(電子ピアノ26台)のほか、全ての教室にピアノが設置されており、空き時間などに自由に練習することができます。また、希望者には合格してから入学までの間に初心者向け無料ピアノレッスンを行っています。
 
Q 就職率はどうですか?
A 毎年、就職を希望する学生の100%近くが就職しています。学内には進路情報の掲示や相談の場として進路支援センターが設置され、進路決定を強力にバックアップしています。また、「進路支援講座」の開講やグループ・アドバイザーによる個別指導など、きめ細かな進路支援を行っています。
 
Q 和泉を体験する機会があると良いのですが......?
A 本学では4月からオープンキャンパスを開催しますので、気軽に参加してください。また、オープンキャンパスに参加できない方のために随時(日曜、祝日を除く)見学を受け付けています。(要予約 042-754-1133)
さらにミニオープンキャンパスを開催:
5/13(土)、6/10(土)、8/5(土)、9/2(土)、10/7(土)、11/25(土)、12/16(土) 10:00~12:00 事前申込制

入学関連情報

  • アドミッションポリシー
  • 募集要項
  • 学納金・奨学金
  • 試験会場・交通
  • オープンキャンパス
  • 入学案内資料の請求
  • よくある質問

  • 和泉短期大学では何が学べるの?
  • 入試情報が知りたい!
  • オープンキャンパスへ参加しよう!
  • 入学案内書などの資料請求はこちら。

Pick Up

  • キャンパスマップ
  • 学生に聞きました。
  • 専攻科介護福祉専攻
  • キャリアデザインセンター
  • 和泉白書
  • 2007年度、本学は短期大学法人として初めて日本格付研究所による「学校法人の格付け」を取得しました。
  • 2007年度第三者評価適格認定短期大学(財団法人短期大学基準協会)
  • 文部科学省-選定-【平成21年度】★学生支援推進P【平成16年度】★現代GP